喪中はがき印刷

おたより本舗「喪中はがき印刷」の感想/口コミ/評判【最短当日出荷】

おたより本舗「喪中はがき印刷」の感想/口コミ/評判【最短当日出荷】

「喪中はがき」は、11月中旬から12月の上旬ぐらいまでに、相手先に届けるのがマナーとされています。

とはいえ、忙しくて準備ができなかった・・・

という人もいると思います。

  • 「印刷した喪中はがきが、すぐに欲しい!」
  • 「今週中に喪中はがきを郵便ポストに入れたい!」

・・・などなど、

印刷された「喪中はがき」が至急・急ぎで必要な場合は、平日昼13時までのネット注文で当日仕上げ・当日出荷の「おたより本舗」がおすすめです。

ネットで注文できる印刷業者の中でも一番最速です。

2023年正月用の年賀状を、郵便局が受付開始するのは2022年12月15日(木)からです。

そのため12月15日の前までに「喪中はがき」を相手に届ける必要があります。

 

「おたより本舗」はスマホでも10分も、かからず「喪中はがき」の作成が可能です。

ゆかり
ゆかり
当日出荷の「おたより本舗」のメリット、そして実際に無料モニターとして注文した体験レビューを紹介します。

印刷の仕上がりを今すぐ見るなら>>「おたより本舗」注文体験レビュー

昼13時までの注文で翌日出荷

\ 早割で印刷料金も安い /

【おたより本舗】に注文

 

「おたより本舗」は昼13時までの注文で即日出荷

ネット注文できる「喪中はがき」印刷会社の中で、最短で出荷してくれるのが「おたより本舗」です。

「おたより本舗」は、昼13時までの注文で当日仕上げ・当日出荷です。

混雑状況によって変わる場合があります。出荷日は公式サイトに掲載されているの、まずはチェックしてください。

今すぐ出荷日を確認>>【おたより本舗】公式

 

「おたより本舗」印刷料金も【早割】で格安

「おたより本舗」は早いだけではありません。【早割】の利用で、喪中はがき印刷がかなり安くなります。

「おたより本舗」の早割の割引率最大時は40%オフで、以下の料金でした。※年末が近づくに連れて、早割のパーセンテージが低くなっていきます。

「おたより本舗」では2種類以上注文すると【最大50%オフ】です。ほとんどの人は1種類の注文だと思うので、早割最大40%オフで計算しています。

喪中はがき印刷50枚(白黒印刷) 合計 5,460円(税込)

  • ハガキ代 63円×50枚=3,150円
  • 印刷料金3,500円【40%オフ】⇒2,100円
  • 印刷料金の消費税210円

 

年末が近づくにつれて【早割】の割引率は、徐々に下がっていきます。

また、他社と比べても「おたより本舗」の喪中はがき印刷は、早割で安いです。他に安い会社もありますが、「おたより本舗」の最大のメリットは即日出荷です。

他社との印刷料金の比較は、以下の記事をチェックしてください。

喪中はがき印刷が安い【2022年早割比較ランキング】割引最大/最安値はどこ?
喪中はがき印刷が安い【2022年早割比較ランキング】割引最大/最安値はどこ?「喪中はがき印刷」が安い、早割が利用できる印刷会社の料金を比較しました。2022年(2023年・令和5年正月用)の「喪中はがき印刷」最安値をランキングで紹介します。喪中はがき印刷を【早割】で注文するメリット、【早割】はいつから始まるのか、解説します。...

 

「おたより本舗」は宛名印刷も当日仕上げ

「おたより本舗」では宛名印刷が無料で注文できます。宛名印刷とは、はがきに送り先の住所と名前を印刷することです。他の会社はプラスで料金がかかる場合が多いです。

宛名印刷をすると出荷日が遅れる印刷業者もありますが、「おたより本舗」は変わりません。

 

※注意点※「おたより本舗」の出荷は大阪

「おたより本舗」の喪中はがきは、大阪から出荷されます。

最短当日で出荷されたとしても、地域によっては2~3日かかる場合があります。

大阪から遠い場合は配送に日数が必要なこともありますので、ご注意ください。

 

「おたより本舗」喪中はがき印刷の感想【注文体験レビュー】

「おたより本舗」に無料モニターとして、「喪中はがき印刷」を注文することができました。

スマホから10分程度完成、そして注文した翌々日には印刷された「喪中はがき」が自宅に届きました。

スマホから簡単に注文可能

スマホから「おたより本舗」にアクセスして、自分の住所や挨拶文の雛形を選ぶだけで、簡単に「喪中はがき」が注文できます。

以下、「おたより本舗」のスマホの喪中はがき作成画面です。

「おたより本舗」スマホの喪中はがき作成画面 「おたより本舗」スマホの喪中はがき、住所入力画面
ゆかり
ゆかり
私の場合は、スマホでたった10分程度で注文が完了しました。

※喪中はがきの「宛名印刷」をする場合は、相手の住所入力に少し時間がかかります。

 

翌々日に「喪中はがき」が自宅に到着

「おたより本舗」には平日の昼までに注文、翌日出荷、翌々日には印刷された「喪中はがき」が到着しました。

私は「喪中はがき印刷」を2019年10月に注文しました。

当時は昼12時までの注文で翌日出荷でした。現在は「おたより本舗」は昼13時までの注文で当日出荷です。

そのため現在は、お住まいが東京の場合は、昼13時までの注文で翌日に届くと思います。

 

「おたより本舗」出荷完了メール

↑「おたより本舗」から出荷されると、上記のメールが届きます。

私が実際に注文したスケジュールは

  1. 2019年10月15日(火)お昼前、11時頃に注文
  2. 2019年10月16日(水)「おたより本舗」から出荷メール
  3. 2019年10月17日(木)午前中に自宅のポストに届く
ゆかり
ゆかり
私の自宅は東京都葛飾区ですが、注文から翌々日に注文した商品が届きました。

※「おたより本舗」は2019年10月の時点では翌日出荷でした。現在は昼13までの注文で、当日出荷対応になっています。

 

印刷の仕上がりも全く問題なし

配送はヤマト運輸の「ネコポス」で届きました。「ネコポス」の場合、配送料は無料です。

「おたより本舗」からネコポスで届いた商品

プチプチの封筒の中には、はがきが折れないように厚紙で補強されています。

 

「おたより本舗」の喪中はがき印刷の仕上がり

無料モニターとして3枚の「喪中はがき」を注文しました。印刷も注文通りで、仕上がりもまったく問題ありません。※差出人部分はモザイクをかけています。

 

「おたより本舗」の通常はがき(胡蝶蘭)

今回は宛名印刷はしていません。

また喪中はがきは「通常はがき(胡蝶蘭)」以外に、私製はがき「ケント紙」「大礼紙」も選べます。

 

「おたより本舗」喪中はがき印刷の口コミ・評判

ここまでは私の体験レビューを紹介しました。他の方の「おたより本舗」喪中はがき印刷の口コミ・評判を紹介します。

  • 焦る中注文。あっという間に届き、翌日に無事投函
  • 今までいただいた喪中はがきにはない素敵なデザイン
  • 手軽で使いやすく、投函完了の早さにも驚きました。
  • 注文に至る流れがスムーズ。価格もお安く納得できる
  • 私の「欲しい」が全て揃ったサービス。助かりました

出典:「おたより本舗」公式サイト

 

ゆかり
ゆかり
私もですが、「おたより本舗」の喪中はがき印刷に満足されている方が多いようです。

 

「おたより本舗」のクーポンコードとは?

実際に「おたより本舗」に喪中はがき印刷を注文してみて、一つ疑問に思ったことがあります。それは注文を確定する時にあるクーポンコードの入力欄です。

ゆかり
ゆかり
クーポンがあると安くなるのかな?と疑問に思いました。

おたより本舗の公式サイトには以下の記述がありました。

クーポンコードとは、以前当店をご利用いただいたことのあるお客様へ、メールやDMはがきでお知らせしている割引用のコードです。

出典:「おたより本舗」公式サイト

 

基本的に「おたより本舗」のクーポンは、過去に利用したことがある人向けのクーポンを発行しています。

 

まとめ

「おたより本舗」は昼13時までの注文で、最短当日仕上げ・当日出荷です。今すぐに注文すれば翌日から2日程度で手元に印刷された「喪中はがき」が届きます。

ゆかり
ゆかり
私の場合、2019年10月だったので翌日発送でしたが、翌々日に自宅に配送されました。

 

現在は昼13時までの注文で、当日仕上げ・当日出荷です。急ぎで必要な方は、「おたより本舗」に今すぐ注文しましょう。

昼13時までの注文で翌日出荷

\ 早割で印刷料金も安い /

【おたより本舗】に注文

 

また、他社と比べても「おたより本舗」の喪中はがき印刷は、早割で安いです。他に安い会社もありますが、「おたより本舗」の最大のメリットは即日出荷です。

他社との印刷料金の比較は、以下の記事をチェックしてください。

喪中はがき印刷が安い【2022年早割比較ランキング】割引最大/最安値はどこ?
喪中はがき印刷が安い【2022年早割比較ランキング】割引最大/最安値はどこ?「喪中はがき印刷」が安い、早割が利用できる印刷会社の料金を比較しました。2022年(2023年・令和5年正月用)の「喪中はがき印刷」最安値をランキングで紹介します。喪中はがき印刷を【早割】で注文するメリット、【早割】はいつから始まるのか、解説します。...