喪中はがき印刷が安い【2022年早割比較ランキング】割引最大/最安値はどこ?

喪中はがき印刷が安い【2022年早割比較ランキング】割引最大/最安値はどこ?

「喪中はがき」は、11月中旬から12月の上旬までに、相手先に届けるのがマナーとされています。

2023年・令和5年正月用の年賀状を、郵便局が受付開始するのは2022年12月15日(木)からです。

身内に不幸があったこと知らせる「喪中はがき」は、12月15日の年賀状受付1~2週間前に相手に届ける必要があります。

 

「喪中はがき印刷」を印刷会社にお願いするなら、早割を利用すると、かなり安く注文できます。

喪中はがき印刷の【早割】は、早い印刷会社では9月から始まり、年末の12月に近づくほど割引率が低くなります。だいたい12月25日前後に注文受付を停止する会社が多いです。

多くの業者は、印刷機械の稼働率が高くない時期は割引率の高い【早割】キャンペーンを実施していてます。そのため早く注文するだけで、印刷料金がお得になります。

 

ゆかり
ゆかり
喪中はがき印刷は早く注文するだけで、かなり安くなります。

【早割】を利用してネット注文できる「喪中はがき印刷」の料金を、会社別に比較しました。

また、「喪中はがき印刷」ではなく「年賀状印刷」の早割最安値をお探しの方は、私が運営している以下のサイトをチェックしてください。

 

喪中はがき印刷【早割】おすすめランキング2022年

「喪中はがき印刷」の【早割】を実施している会社はたくさんありますが、一番安くネットで注文できるオススメの会社をランキング形式・トップ3で紹介します。

ランキングの比較条件

ランキングの比較条件は50枚(はがき代金込み)、宛名印刷なし、白黒印刷(もしくは一番価格が安い印刷方法)で計算しています。

※2022年10月3日時点の当サイト調べになります。

1位 ネットスクウェア
喪中
「ネットスクウェア」の喪中はがき印刷の【早割】は2022年9月1日(木)からスタートしています。早割開始時の割引率は最大65%オフです。スマホから簡単に注文できて、とにかく早割の割引率が高いのが特徴です。2022年より宛名印刷も無料となり、さらにお得になりました。

 

【早割】割引率 65%オフ(2022年10月10日まで)
50枚の印刷料金 4,493円(税込)※ハガキ代込
宛名印刷 無料
出荷予定日 ※1
スマホからの注文 可能

(※1)早割で9月中に注文すると、10月上旬より注文順に出荷されます。

「ネットスクウェア」は早割の割引率が、他の業者と比べても一番安く利用できます。最初の早割は【最大65%オフ】です。

現在は2022年10月10日(祝・月)までの注文で【早割65%オフ】です。年末が近づくほど、割引率は低くなります。

\ 今なら早割65%オフ /

【ネットスクウェア】に注文

 

ゆかり
ゆかり
私は「年賀状印刷」もネットスクウェア利用していて、仕上がりも満足です。

価格も安く、スマホで簡単に作成可能です。私は2020年は実際に「ネットスクウェア」の喪中はがき印刷を注文しています。

「ネットスクウェア」の印刷の仕上がりなど、詳細は以下をチェックしてください。

ネットスクウェア喪中はがき印刷は早割が安い!2022年口コミ/評判/感想
ネットスクウェア喪中はがき印刷は早割が安い!2022年口コミ/評判/感想ネットスクウェアの「喪中はがき印刷」は早割の割引率が高く、プリント料金が一番安いです。2022年の喪中はがき印刷は早割最大65%オフで、他の印刷会社と比較しても最安値です。実際にネットスクウェアに喪中はがき印刷を注文して仕上がりをレビュー、注意点や口コミ・評判を紹介します。...

 

2位 おたより本舗
ネット注文できる「はがき印刷業者」の大手です。宛名印刷が無料でできたり、投函代行サービス、はがき持込サービス、切手貼りサービスなど、オプションが充実しています。宛名印刷があっても昼13時までの注文で、当日出荷してくれるのが大きなメリットです。
【早割】割引率 40%オフ(2022年10月4日昼13時まで)
50枚の印刷料金 5,460円(税込)※ハガキ代込
宛名印刷 無料
出荷予定日 13時までの注文で即日出荷
スマホからの注文 可能

デザイン2種類の同時注文で最大50%オフですが、1種類の「喪中はがき印刷」だと早割最大40%オフです。基本的には1種類の方が多いと思うで、上記の価格は40%オフで計算しています。

「おたより本舗」は、昼13時までの注文で当日仕上げ・当日出荷です。ネットで注文できる業者では最速です。宛名印刷があっても即日集荷です。

\ 昼13時までの注文で当日出荷 /

【おたより本舗】に注文

 

「喪中はがき」を注文して、すぐに欲しい方・急いでいる方は「おたより本舗」がオススメです。

実際に「おたより本舗」へ私が注文した体験レビューなど、詳細は以下の記事をチェックしてください!

おたより本舗「喪中はがき印刷」の感想/口コミ/評判【最短当日出荷】
おたより本舗「喪中はがき印刷」の感想/口コミ/評判【最短当日出荷】「おたより本舗」の喪中はがき印刷は、昼13時までの注文で最短即日出荷です。「おたより本舗」に注文するメリット、注意点や口コミ・評判を紹介、実際に注文した印刷の感想、仕上がりを体験レビューしました。...

 

3位 挨拶状ドットコム

ネットで注文できる印刷業者の老舗が「挨拶状ドットコム」です。暑中見舞い・喪中はがき・年賀状など年間15万件以上の注文実績がある「はがき印刷専門店」です。宛名印刷は無料です。
【早割】割引率 早割40%オフ(2022年10月23日まで)
50枚の印刷料金 7,341円(税込)※ハガキ代込
宛名印刷 無料
出荷予定日 最短翌営業日
スマホからの注文 可能

「はがき印刷専門店」として実績のある、ネット注文できる老舗の印刷業者です。宛名印刷は無料ですが、宛名印刷を申し込むと、出荷予定日が最短2営業日となります。

\ 実績のあるネット印刷の老舗 /

【挨拶状ドットコム】に注文

 

印刷会社に注文するメリット【喪中はがきの印刷ミスがない】

自宅で「喪中はがき」を作成する場合も、ある程度の費用がかかります。例えばプリンタを買ったり、ソフトを購入する料金が必要です。

例えば「喪中はがき」を50枚印刷しようとしたら、概算で以下の初期費用がかかります。

  • 喪中はがき50枚×63円=3,150円
  • プリンタ 1万程度
  • 純正インク 5,000円程度
  • 年賀状作成ソフト 3,000円程度

合計2万円程度

 

さらに他にも以下の手間がかかります。

  • 印刷の失敗
  • プリンタの設定
  • 喪中はがきソフトのインストール
  • 喪中はがき作成の手間
ゆかり
ゆかり
私は家のプリンタなら、何度も印刷に失敗してしまうことがありました。

自宅のプリンターで印刷ミスをしてしまうとハガキは郵便局で交換してくれますが、手数料も手間もかかります。

これらの煩わしさを、すべて変わりにやってくれるのが印刷会社に注文する最大のメリットです。

さらに【早割】を利用すれば、50枚なら印刷料金が「2,000円」もかかりません

 

2022年喪中はがき印刷の早割はいつから、いつまで?

喪中はがき印刷の【早割】は一番早い業者では、2022年9月1日(木)から受付開始しています。

どこの会社に注文したとしても、早割を利用して喪中はがき印刷の注文をすれば、それだけ安くなります。「喪中はがき」が必要な時点で早めに注文するとお得です。

「喪中はがき印刷」の早割の受付終了日は、印刷会社によって変わりますが、基本的に12月末までに終了することが多いです。

 

まとめ

喪中はがき印刷は早割を利用するだけで安くなる【まとめ】

どの印刷業者に「喪中はがき印刷」を注文しようと、早く注文すればする程、【早割】の割引率は高く印刷料金は安くなります。

ゆかり
ゆかり
「喪中はがき印刷」が必要なら、早めに注文するだけで、確実に安いです。

 

当サイトでは【早割】が一番安い「ネットスクウェア」をオススメしています。

喪中はがき印刷をお得に注文↓

\ 早割が安い /

ネットスクウェアに注文