喪中はがきのマナー

「喪中はがき」が必要な親族の範囲は?祖父母/父母/子/孫/兄弟姉妹まで

「喪中はがき」が必要な親族の範囲は?祖父母/父母/子/孫/兄弟姉妹まで

「喪中はがき」は、自分の身内に不幸があった年に、喪に服すため年賀状を出せないことをを相手に伝えるお便りです。

毎年、年賀状のやり取りをしている相手には、必ず届ける必要があります。

「喪中はがき」は、どの親族が亡くなった時に送れば良いのか?「喪中はがき」を送る必要がある、親族の範囲を解説します。

 

「喪中はがき」を送るのは親族の範囲「二親等以内の親族」

喪に服すため「喪中はがき」を出す身内の範囲としては、一般的に「二親等以内の親族」と言われています。

自分から見て祖父・祖母、父・母、子、孫、兄弟姉妹です。

ただし、上記の親族に該当しない場合でも、故人を偲んで喪に服したい場合にも「喪中はがき」を出しても問題ありません。

 

「喪中はがき」を出す重要性、連絡が途絶えないためにも

連絡を頻繁にしていない知人・友達は、自分の身内に不幸があったことはわかりません。

相手からの年賀状を受け取ったとしても、こちらからは年賀状を送れないので、毎年1回ある年賀状のやり取りが途絶える可能性もあります。

 

だんだん、家族を持ち子どもが生まれると、1年に1回会えなくなる友人も出てくるでしょう。

それでもやっぱり、正月の年賀状でのやり取りは、大切な連絡手段だと感じる方も多いと思います。

 

年に1回の連絡を途絶えさせたくない友人・知人の場合、「喪中はがき」を相手に届ける必要があります。

「喪中はがき」を出し忘れたり、出せなかった場合は、年明け後の「寒中見舞い」で新年の挨拶ができなかった旨を伝えることも可能です。

 

まとめ

年賀状のやり取りをしている知人・友達と連絡が途絶えないように、「喪中はがき」は必ず送りましょう。

また、「喪中はがき」は一般的に、11月中旬から12月上旬までに相手に届けるのがマナーとされています。詳細は以下をチェックしてください。

「喪中はがき」を相手に届けるのはいつまで?到着が必須の期限は?
「喪中はがき」を相手に届けるのはいつまで?到着が必須の期限は?「喪中はがき」は相手が年賀状を送る準備をする前までに必ず届くようにしましょう。2023年・令和5年正月用の年賀状を、郵便局が受付開始するのは2022年12月15日(木)からです。それまでに相手に届けるのが必着期限です。...

 

家のプリンターで印刷するなど自分で準備しない場合は、「喪中はがき印刷」の会社に早く注文すれば【早割】で、お得になります。

ネットで注文できる印刷会社を利用すれば、挨拶文などを選ぶだけで10分程度、簡単に喪中はがきを完成することができます。

 

当サイトがオススメしているのは、早割が安い印刷業者「ネットスクウェア」です。

喪中はがき印刷が最安値

\ 早割の割引率が最大 /

【ネットスクウェア】に注文

 

私も実際に【早割】を利用して、ネットスクウェアに喪中はがき印刷を注文しています。

ネットスクウェアのメリットや、喪中はがきの仕上がりなど詳しくは以下をチェックしてください。

ネットスクウェア喪中はがき印刷は早割が安い!2022年口コミ/評判/感想
ネットスクウェア喪中はがき印刷は早割が安い!2022年口コミ/評判/感想ネットスクウェアの「喪中はがき印刷」は早割の割引率が高く、プリント料金が一番安いです。2022年の喪中はがき印刷は早割最大65%オフで、他の印刷会社と比較しても最安値です。実際にネットスクウェアに喪中はがき印刷を注文して仕上がりをレビュー、注意点や口コミ・評判を紹介します。...